床タイルの目地補修方法 & 壁タイルの掃除

床タイルの目地補修と壁タイルの掃除をしました。

もう全身筋肉痛です・・・_| ̄|○

でも、床タイルの目地はグレーになり、壁タイルの目地は真っ白になって大満足!!

 

築20年以上の床タイルの目地、当初はまっ黒でした(≧◇≦)

まずは重曹ペーストと歯ブラシでごしごししてみましたが、変化ゼロ~。

床タイル モルタル目地 重曹で掃除

20年の汚れはちょっと擦ったぐらいでは落ちないんだーと気付き、

タイル目地

擦ってダメなら

削ってみな  (^^♪ (一句)

ということで、次は120番のヤスリでガシガシ削ってみました(賃貸なのに乱暴^^;)。

床タイル モルタル目地 ヤスリで削って掃除

おお!!綺麗になってるかも~~~♪

と思いきや、削った粉末が目地の上に乗っかってグレーに見えただけで、拭き掃除したら元のまっ黒に・・_| ̄|○

かなりの労力を使ったのに元の木阿弥でがっくり~。

でも、まだまだあきらめられない!!

ということで、次は、削ってダメなら塗ってみな~

床タイル 目地材 補修

Bricoっていうホームセンターで目地材を購入!

1㎏で7ユーロぐらいでした。

で、塗ってみたら~

床タイル目地材を塗って簡単補修

上のほうが新たな目地材を入れたところで、下のほうは元のブラック目地!

その差は歴然でしょーー (^^♪

で、完成!これはキッチンの床です。

床タイル目地の補修 目地材を埋め直す

この翌日、玄関&トイレと洗面&風呂もタイル目地の補修をしたのですが、キッチンの床タイル補修から教訓を得て、

床タイルの古いモルタル目地、釘とトンカチで2mmほど削り取りました!

賃貸なのにねー(;^ω^)

しかも、大家さんがお隣に住んでるので、トンカチでガンガン床を叩く音を不審に思われないかとひやひやしました。。

1時間ぐらい主人とふたりでガンガン叩きまくって、床タイルの古い目地を少し削りとりまして、また新しい目地材を埋めました。

目地材って2mmぐらいの凹みがないと、すっごく塗りにくいんですよー。

2mmもあれば、隙間に目地材を入れ込んで(わたしは素手でやりました^^;)、すぐに水で濡らしたスポンジで拭けばプロ級の仕上りになります!

(凹みがないとスポンジで拭いたら目地材も全部取れちゃうので、古い目地の上に新しい目地材をわずかに盛っていく感じでやりました。)

目地に2mmの凹みがあれば意外と簡単に作業が進むのでびっくりしましたよ~。

こういうのって熟練のプロじゃないと無理だと思ってました。

体力は使いますけどね・・・ほんの小さなスペースなら素人でもできるもんですわ。。

 

さて、お次は壁タイルの目地♪

こちらは、普通の油汚れ用の洗剤でごしごし・・・

タイル目地ってそう簡単には汚れが取れないんですね・・。

仕方なく、漂白剤を吹き付けて少し時間を置いてから拭き掃除。

これはさすがに少し白くなりました。

でも、臭いにダウン・・・。

ということで、ここもまた塗ることで対応しましたよ♪

キッチンタイル目地 白の目地 補修

一目瞭然ですよねー。。右側が元々の汚さ(>_<) たまらんですーーー!

使ったのは、↓の目地クリーニング用のペン。

タイル目地 掃除用のペン

よく見たらなんと Made in Japan ではないですかー。

日本でも購入できるみたいです♪

クリック ⇒ 『タイル目地補修ペン

目地をきれいにしたい!しかも真っ白にしたい!!って日本人的な発想なんでしょうかねぇ。。

補修ペンを見つけたとき、飛びついて3本も買っちゃいましたよ。

おかげで、キッチン、トイレの壁タイル目地、ぜーーーんぶ真っ白になりました!

残念ながらお風呂のタイル目地はそのまま黄色です・・・。

お風呂のタイルは白じゃないので、補修ペンの色がつくと目立っちゃうんですよね・・。

ということでお風呂は頑張ってカビないように漂白剤・・ですね・・・。

こっちの漂白剤は日本よりも臭いがきつくて倒れそうですが、がんばります~!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証(計算して数字を入力してね!) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.